workers

タイは今やどの業界でも労働力不足に陥っており、製造業でもサービス業でも周辺諸国からの労働力に頼る場面が多く見られます。「外国人だと不安」と敬遠していた日系企業も、タイでは自らが外国人であることを認識し、積極的にミャンマー、ラオス、カンボジアからの労働力を受け入れています。

日本も2020年の東京五輪を控えて労働力が不足していることや、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法(入管法)が可決されたことにより、以前とは比較にならないほどの外国人労働力の受け入れに積極的です。

タイで外国人の労働力に携わって久しいMr.ワークパミットが、タイでも日本でも外国人労働力の確保でお手伝いいたします。

紹介費用目安:100人以上の採用で1人当たり25,000~30,000B(採用にあたっての各種費用は別です)